ジャズ名盤紹介サイト since 2004.4
ジャズ名盤ブログ | ジャズ名盤ストア  
ジャズ名盤紹介サイト JAZZ CD.JP 「ジャズに興味があるけど、どんなCDから聴いたらいいの…?」 というジャズ入門者、ジャズファンへのジャズ名盤100枚
マイルス・デイビス - 帝王のあくなき創造のマイルストーン -


【マイルス・デイビス - (1926〜1991) - 】
Miles Davisマイルス・デイビスは1926年5月26日、イリノイ州アルトンに生まれる。父は歯科医、母は音楽教師の裕福な家庭に育つ。13歳の誕生日に父親からトランペットを贈られ、のめりこむ。16歳で結婚。セントルイス近辺のクラブでステージに立つようになり、ニューヨークのジュリアード音楽院に入学。しかし、1年ほどで退学しチャーリー・パーカー・クインテットのメンバーとして活動を開始する。時はビ・バップの華やかかりし時代だった。

【初期 - クールからハード・バップへ - 】
1948年に人気クラブのロイヤル・ルーストから誘いを受けマイルスは9重奏団を結成し、ホットなビ・バップに対抗しクールな演奏を追及。これが、のちのウエスト・コースト・ジャズに多大な影響を与える。1951年には、一転してハード・バップを演奏するようになり、自己のオールスターズで「バードランド」に出演。しかし、この頃にはすでに麻薬に溺れるようになっていた。この最悪な状況に手を差し伸べたのはブルーノートのプロデューサー、アルフレッド・ライオン。彼は定期的にマイルスに録音をさせる。この時の恩がのちに、レコード会社は別でありながらキャノンボール名義にして「◎Somethin' Else」を生むことになる。1953年、ついにマイルスも改心。父親の農園内のゲスト・ハウスにl週間こもり、麻薬を克服した。

↓アルバム・リンク切れの場合こちらから(レビュー有)
>> マイルス・デイビス アルバム一覧

アルバムタイトル レーベル 録音年 特記事項
Birth of The Cool ◎Birth of The Cool Capitol 1950 「クール・ジャズ」の誕生
のちの「西海岸ジャズ」に影響大
Birdland 1951 ◎Birdland 1951 Blue Note 1951  
Miles Davis Vol.1 ◎Miles Davis Vol.1 Blue Note 1952 53 オールスターズによる演奏
Miles Davis Vol.2 ◎Miles Davis Vol.2 Blue Note 1952 53 第2集


【プレスティッジ時代 - ジャズ史に残る2つのセッション - 】
1954年12月24日のクリスマスイブ、ピアニストのセロニアス・モンクの極めて個性的な演奏としっくりこないと感じたマイルスは、トランペット・ソロのバックで弾かないように注文。それに腹を立てたモンクはそのソロが終わっても演奏しなかった…と伝えられるのが通称「喧嘩セッション」である。この頃からマイルスは、自己のジャズを実現するため強力なリーダーシップをとるようになっていった。その理想をかなえるため、個人レーベルだったプレスティッジでは飽き足らなくなり、大掛かりなプロモーションができる大手のコロンビアと契約。しかし、まだプレスティッジでの数枚のアルバム契約が残っていた。それを一気に解消するため、1956年5月と10月の2日間で計25曲を大量レコーディング。これが「マラソン・セッション」である。ちなみに「◎Round About Midnight」の発売を優先させるため、コロンビアの要請で年1枚ずつ4年に渡って「ing 4部作」は発売された。
※このページではレーベルを「Sony」と表記していますが、これは現在、版権が「コロンビア」から移っているためです。

Bags Groove ◎Bags Groove Prestige 1954 クリスマスイブのモンク との
「喧嘩セッション」収録
Walkin' ◎Walkin' Prestige 1954 ハードバップ作品
Cookin' ◎Cookin' Prestige 1956 マラソンセッション「ing 4部作」
4部作中代表作
Relaxin' ◎Relaxin' Prestige 1956 マラソンセッション「ing 4部作」
リラックスした演奏
Steamin' ◎Steamin' Prestige 1956 マラソンセッション「ing 4部作」
Workin' ◎Workin'
Prestige 1956 マラソンセッション「ing 4部作」

Ascenseur Pour L'Echafaud ◎Ascenseur Pour L'Echafaud Fontana 1957 映画「死刑台のエレベーター」の
サウンドトラック


【第1黄金クインテット(セクステット)時代】
キャノンボール・アダレイ(as)、ジョン・コルトレーン(ts) 、ビル・エバンス、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds) など有能なメンバーを集め黄金時代を迎える。そして1959年「◎Kind of Blue」を制作。モダンジャズ史上に金字塔を打ちたてる。

Round About Midnight ◎Round About Midnight Sony 1955 56 黄金クインテットによる演奏
Milestones ◎Milestones Sony 1958 モードの出発点
Jazz At The Plaza ◎Jazz At The Plaza Sony 1958 「Kind of Blue」メンバーでの
ライブ録音
Kind of Blue ◎Kind of Blue Sony 1959 モダンジャズ史上最高傑作
Someday My Prince Will Come ◎Someday My Prince Will Come Sony 1961 リラックスした演奏の人気盤


【ギル・エバンスとのコラボレーション期】
黄金メンバーのコンボでのモードの追求の一方で、クール・ジャズ時代に親交のあったアレンジャーのギル・エバンスと協同でモードをさらに発展させる。

Miles Ahead ◎Miles Ahead Sony 1957 オーケストラでの組曲風作品
Porgy & Bess ◎Porgy & Bess Sony 1958 ガーシュウィンの名作オペラ
Sketches of Spain ◎Sketches of Spain Sony 1959 60 ロドリーゴのアランフェス協奏曲
Quiet Nights ◎Quiet Nights Sony 1962 63 ボサノヴァ作品集
Seven Steps to Heaven ◎Seven Steps to Heaven Sony 1963  


↓アルバム・リンク切れの場合こちらから(レビュー有)
>> マイルス・デイビス アルバム一覧

【第2黄金クインテット時代】
ハービー・ハンコック(p)、ウェイン・ショーター(ts)、ロン・カーター(b)、トニー・ウィリアムス(ds) を擁し第2黄金時代を迎える。彼らの演奏は50年代のハード・バップに対して新主流派と呼ばれる。

Four & More ◎Four & More Sony 1964 ライブ録音
The Complete Live At The Plugged Nickel 1965 ◎The Complete Live At The Plugged Nickel 1965 Sony 1965 2日間ライブ収録完全盤
CD6枚組みBOXセット
Highlights from the Plugged Nickel ◎Highlights from the Plugged Nickel Sony 1965 ハイライト盤
E.S.P. ◎E.S.P. Sony 1965 「第2黄金クインテット4部作」
Miles Smiles ◎Miles Smiles Sony 1966 「第2黄金クインテット4部作」
Sorcerer ◎Sorcerer Sony 1962-67 「第2黄金クインテット4部作」
Nefertiti ◎Nefertiti Sony 1967 「第2黄金クインテット4部作」
クインテット最高傑作
Miles in the Sky ◎Miles in the Sky Sony 1968 初のエレクトリック導入


【エレクトリック・マイルス前期】
音楽シーンの中で急速にその勢力を拡大していくロック。それに対抗するように、マイルスは自身の音楽を電化させた。「お望みなら世界最高のロックバンドもつくれる」と豪語し、精力的にクロスオーバーなマイルス・ミュージックを創造する。そんな彼も、1975年には達成感と虚無感を感じ、引退。病気療養に専念する。

Filles de Kilimanjaro ◎Filles de Kilimanjaro Sony 1968 エレクトリック本格化
In a Silent Way ◎In a Silent Way Sony 1969  
Bitches Brew ◎Bitches Brew Sony 1969 エレクトリック・マイルスの大傑作
Tribute to Jack Johnson ◎Tribute to Jack Johnson Sony 1970 映画「ジャック・ジョンソン」サントラ
ロック色の強い作品
Black Beauty : Miles Davis At Fillmore West ◎Black Beauty : Miles Davis At Fillmore West Sony 1970 「ジャック・ジョンソン」収録3日後の
ライブ録音
At Fillmore : Live At The Fillmore East ◎At Fillmore : Live At The Fillmore East Sony 1970 ライブ録音
キース・ジャレット参加
Live-Evil ◎Live-Evil Sony 1970 ワシントンでのライヴ&スタジオ録音キース・ジャレット参加
On the Corner ◎On the Corner Sony 1972 ファンク作品
In Concert : Live at Filharmonic Hall ◎In Concert : Live at Filharmonic Hall Sony 1972 ダンス・ファンク・ライブ盤
Get Up With It ◎Get Up With It Sony 1971-74 引退前最終スタジオ録音作品
Agharta ◎Agharta Sony 1975 大阪公演「昼の部」収録
Pangaea ◎Pangaea Sony 1975 大阪公演「夜の部」収録


【エレクトリック・マイルス後期】
80年にマイルスは再び音楽シーンへ復帰する。コンテンポラリーなポピュラー・ミュージックなども貪欲に吸収し、マイルス・ミュージックを時代と平行に、あるいは追い越して、進化させる。

Man With the Horn ◎Man With the Horn Sony 1980 復帰作
We Want Miles ◎We Want Miles Sony 1981 ライブ録音
Decoy ◎Decoy Sony 1983 ブランフォード・マルサリス参加
You're Under Arrest ◎You're Under Arrest Sony 1985 マイケル・ジャクソン、シンディ・ローパー等ポップスを取り上げる
Aura ◎Aura Sony 1985 Sony最終作
アコースティック作品
Tutu ◎Tutu Warner 1986  
Doo-Bop ◎Doo-Bop Warner 1991 ラストレコーディング作品

【帝王マイルス・デイビスの最期】
1991年9月29日、病のため突如逝ってしまう。享年65歳。
病室には、次なる構想が記された譜面が残されていた。

↓アルバム・リンク切れの場合こちらから(レビュー有)
>> マイルス・デイビス アルバム一覧



<BACK ジャズ名盤 JAZZ CD.JP NEXT>

© Copyright JAZZ CD.JP All rights reserved.