マイルス・デイビス 名盤 ディスコグラフィー 6 – エレクトリック・マイルス前期 –

音楽シーンの中で急速にその勢力を拡大していくロック。それに対抗するように、マイルスは自身の音楽を電化させた。「お望みなら世界最高のロックバンドもつくれる」と豪語し、精力的にクロスオーバーなマイルス・ミュージックを創造する。そんな彼も、1975年には達成感と虚無感を感じ、引退。病気療養に専念する。

このページを読む →


『マイルス・デイヴィス自伝』 マイルス・デイヴィス/クインシー・トループ著 中山康樹訳 シンコーミュージック 2015年


「帝王」と呼ばれた天才トランペッターのサクセスストーリー。沢山の登場人物がいながら、そのほとんどがお馴染みの有名ミュージシャン、今となっては名盤とされているレコード制作時の舞台裏、よく知られたエピソードの真実など、ジャズファンなら夢中になって読める「ビューティフル」で「ヒップ」な本です。

このページを読む →