ハービー・ハンコック 『V.S.O.P. ニューポートの追想』 Herbie Hancock “V.S.O.P.” 188



1976年ニューヨークでの「ニューポート・ジャズ・フェスティヴァル」。6月29日は「Retrospective of the Music of Herbie Hancock」と題されたハービー・ハンコックの音楽を回顧するイベント。60年代マイルス・デイビス クインテット、70年代前半の三管編成、そして当時のヘッドハンターズと、メンバーを入れ替えての3セットのステージ。マイルス・デイビスは病気療養中のためフレディ・ハバードが代役を務め、一回限りのはずがその後もこのメンバーで、「V.S.O.P. (Very Special One-time Perfomance) クインテット」として活動することになります。もちろん本作での注目すべきはこの「V.S.O.P.」のセットなのでしょうが、全編聴き応えあり。個人的なオススメは、#8 “Hang Up Your Hang Ups”、#9 “Spider” のワゥ・ワゥ・ワトソンとレイ・パーカー・ジュニア。左右からのエレキギターに、ヤラれます。


1977年度 スイングジャーナル ジャズ・ディスク大賞 金賞


1. Piano Introduction
2. Maiden Voyage
3. Nefertiti
4. Introduction of Players/Eye of the Hurricane
5. Toys
6. Introductions
7. You'll Know When You Get There
8. Hang Up Your Hang Ups
9. Spider


#1-4
Freddie Hubbard (tp)
Wayne Shorter (ss,ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)

#5-7
Eddie Henderson (tp,flugelhorn)
Bennie Maupin (alto flute)
Julian Priester (tb)
Herbie Hancock (p,ep)
Buster Williams (b)
Billy Hart (ds)

#8,9
Bennie Maupin (ss,ts,lyricon)
Herbie Hancock (p,ep,syn)
Wah Wah Watson (g,voice bag)
Ray Parker, Jr. (g)
Paul Jackson (electric bass)
James Levi (ds)
Kenneth Nash (per)
Recorded 1976


【 ハービー・ハンコック V.S.O.P. モードジャズ名盤 】


Nefertiti / Miles Davis (1967)
マイルス、ショーター、ハービー、ロン・カーター、トニー・ウィリアムスによるモードジャズの傑作


Speak No Evil / Wayne Shorter (1964)
フレディ、ショーター、ハービー、ロン・カーター、ドラムはエルヴィン・ジョーンズのモードジャズ名盤


V.S.O.P. Quintet (1977)